会社情報会社情報

UxMEを運営している、株式会社think shiftについてご紹介します。

  1. アクセス

    新宿にオフィスを構えています

  2. 会社概要

    社会にインパクトを与えます

石材店のホームページの必要性とは?

石材店

石材店の現状

墓石の需要自体は増えている

少子高齢化に伴い、高齢者が増えこれから先は死者数も増加すると予想されており、墓石の需要自体は増えています。ですが、石材店の売り上げは年々右肩下がりに落ち込んでいるといわれています。

ではなぜ、一定の需要はあるのに石材店の市場は縮小しているのでしょうか。

石材市場の縮小の理由とは

地方の人口減少

近年、地方から都市部へ移り住む人が増えています。特に若い世代に多くみられ、地方のお墓を守る世代がどんどん減少しています。そのため、お墓の維持を考えると購入にまで踏み切れず「墓を持たない」選択肢をする方も増えています。

「お墓」以外の選択肢

先に述べたように、お墓の維持であったり、購入の負担を考えると「お墓を持つ」以外の選択肢を検討する方も増えてきています。また、ここ数年で注目されだした「終活」で高齢者のお墓に対する捉え方も一辺倒でなく、様々な方法があることを認知した方も多いのではないでしょうか。

そのため、無理にお墓を購入せずデメリットこそありますが永代供養や樹木葬、散骨を希望する方もいれば、アクセスの良さから立地の良い都市部に室内のお墓として納骨堂を選択される方もいます。

そんな石材店の市場が縮小する中、生き残りをかけて石材店もホームページを持つところが増えています。

石材店にホームページが必要な理由

特徴を打ち出し他店との差別化をはかる

街にある石材店を見回すと、どこの石材店もあまり目立たず特徴がないお店が多いように感じられます。また、外からでは大きな石材が置いてあったり加工場のようにも見えてしまうため入りづらいと感じる方もいるのではないでしょうか。

そんなお客さまの不安や疑問を解消するのがホームページです。今は墓石を検討されるご高齢の方でもスマホやパソコンを使う時代です。また、ご家族に手伝ってもらいながらインターネットで調べものをする高齢者の方も少なくありません。

そのため、お客さまをのがさないためにもお店の特徴やコンセプトをしっかりとホームページで打ち出せば、なんとなくある石材店ではなく「ここで購入したい」という購入の決め手になってくれます。

来店へのハードルを下げることができる

石材店というものは街で見かけることも少なくありませんが、「ちょっと入ってみる」といったことが難しいお店ではあります。高価な買い物のため、押し売りされるんじゃないか、相場を知らないため高い金額で売りつけられるんじゃないかといった漠然とした不安もあり、気軽に立ち寄ることがためらわれます。

そのため、ホームページを作って情報を先出しすることで金額はもちろん、他店との違いやスタッフやお店の雰囲気をつかむことができ、実際に来店する際のハードルを下げてくれます。

まとめ

墓石の需要は増えていますが、金額的な問題や、お墓の維持ができないという理由から年々購入する人は少なくなっています。

そのため、石材店を必要としているターゲットが年配の方だとしても、比較検討の材料や来店へのハードルを下げるといった意味でも石材店のホームページは必要不可欠です。

大きな買い物となる墓石を扱う石材店こそ、外からでは分からない他店との違いをホームページで明確にしましょう。

関連記事

この記事へのコメントはありません。