会社情報会社情報

UxMEを運営している、株式会社think shiftについてご紹介します。

  1. アクセス

    新宿にオフィスを構えています

  2. 会社概要

    社会にインパクトを与えます

寺院にとってのホームページの必要性とは?

寺院

近年の情報社会において、インターネットの普及に伴い、ホームページを運用する「寺院」が増えてきています。

実際に、運用している寺院が増えてきているのはわかっていても、本当にホームページが必要なのか…と思っている方も多いのではないでしょうか?

目的のないホームページを作成する必要はもちろん有りませんので、なんのために「寺院」がホームページを作っているのか、【寺院がホームページをつくる4つの必要性】をご紹介いたします。

【必要性1】寺院の所在地や概要を公開するため

インターネットが普及した現在では、「ホームページが無い=所在が無い」に等しい状態になってしまいます。

必要最低限、どこにあるのか、なんの宗派なのか、どんなことに対応しているのかなどの情報は、しっかりインターネット上に掲載しておく必要があります。

法要や彼岸・盆などの機会にしか、「寺院」を利用しないという方も増えてきていますので、場所や連絡先がわからないということもよくあります。しっかり、「ここに私たちの寺院がある」ということを示すためにホームページを活用されているところは多いです。

【必要性2】問い合わせ先を確保するため

法要や彼岸・盆などのタイミングで、問い合わせをされるとも多いかと思います。「お布施とは別に費用が必要なのか?」「お花はお寺で手配をした場合どれくらいかかるのか?」など、気になることやわからないことがある方は多くいらっしゃいます。

問い合わせをする方は、仕事であったり、用事があったり、寺院が対応できる時間に電話ができない可能性もあります。しっかり、メールやお問合せフォームなど、24時間問い合わせを行える先を用意して差し上げるのが親切です。

メールであれば、自分にも先方にもやり取りの履歴が残りますので、管理もしやすくなります。

【必要性3】年中行事・行事案内などの情報発信のため

定期的な年中行事などの案内を掲載し、閲覧してくれる方に、問い合わせをせずとも、情報発信を行うことができるところも重要なポイントです。寺院の広報活動の一貫として、定期的に更新が出来るホームページにしているところが多くあります。

寺院活動への参加を案内を促すために、現代の情報の集まるところにしっかり掲載をしておくことが大切です。

【必要性4】訪日外国人観光客向けに、情報発信を行うため

日本に訪れる海外からの観光客も年々増えてきています。外国人観光客からも、歴史のある「神社・寺院」は観光の対象となっています。

海外にて旅行を企画している状態でも、ホームページなどのウェブサイトで情報収集をしている人も増加傾向にあります。海外の方向けにすべてのテキストでお伝えすることは難しいため、「写真」などの視覚的に伝わる情報を伝えるために、ホームページは非常に重要です。

下記のグラフにある通り、情報収集のためにウェブサイトや動画などを活用している国も多くあります。

図表3-4-1-8 日本の文化・コンテンツ等について見たり情報収集した媒体

旅行ガイドブックなどを以前は活用する方が多かったのですが、近年はホームページやYoutubeなどのインターネットを活用して情報収集を行う、外国人観光客が多くなっているため、ホームページに力を入れる必要がでてきているのです。

まとめ

インターネットの普及に伴い、情報を収集する場がホームページなどに推移してきているため、情報をしっかりウェブ上にあげておく必要があります。

法要などで利用していただく方をはじめ、訪日外国人観光客まで、幅広い方に寺院を深く知ってもらうためにも、ホームページの活用はマストと言えます。

また、忙しい方向けにメールでの問い合わせを受け付けるためにも、しっかり問い合わせフォームは設置しておきましょう。

関連記事

この記事へのコメントはありません。