会社情報会社情報

UxMEを運営している、株式会社think shiftについてご紹介します。

  1. アクセス

    新宿にオフィスを構えています

  2. 会社概要

    社会にインパクトを与えます

神社へ参拝者を集める集客方法はホームページが有効

神社

神社のホームページ

参拝者を増やしたいと考えている神社は、日本中にたくさんあるかと思います。時代の流れによって、集客を考える必用が出てきている事は事実です。

ただ、スピリチャルパワースポットブーム御朱印集めなど、様々な方法で参拝者を集めている神社はたくさんあります。いままでと同じ方法だけでは、参拝者を増やす事は出来ません。

その中のツールの一つとして、ホームページがあります。参拝者が増えている神社は必ずと言っていい程、ホームページが充実しています。なぜ、神社の集客にはホームページが効果的なのか、どんなコンテンツをホームページに掲載すると集客に役立つのか、詳しくご紹介いたします。

神社の集客方法にはホームページが効果的な理由

神社に参拝者を集めるには、なぜホームページが効果的なのでしょうか?

現代では、GoogleやYahooなどの検索エンジンの普及により、曖昧なキーワードから神社の情報を探したり地図からの検索からその神社の情報にたどり着く事も増えてきました。

また、SNSなどの普及により、タグや位置情報からその神社について知ることもあるため、しっかりWebやSNSの受け皿としてホームページを整備する必用があります。

誰が、どんな情報を、どのようなシチュエーションで欲しているのかをしっかりつかんで、適切な形でホームページに掲載することが大切になります。いままでは必用なかった、参拝者のターゲットを決めて、欲しがっている情報を提供していく事がこれからは必用になるということです。

神社がホームページに掲載すべき情報

では、神社のホームページにどのような情報を掲載すると、集客に繋がるかをご案内いたします。

前項でもお伝えしたとおり、しっかりターゲットの属性や、ニーズに合わせて情報を提供していく必用があります。ただ、なんとなく必用そうな情報を出すだけではなく、参拝させるためにターゲットが必用だと感じる情報だけを出す必用があります。

集客に成功している神社のコンテンツに、必ず入っている5つの情報を例としてご紹介いたします。

情報1)誰に参拝に来てほしいか明記する

具体的に、どんな人に参拝に来てほしいのかをしっかりと、一目瞭然にしておく必用があります。

例えば、「商売繁盛させたいお店の方」「縁結びのご利益を得たい方」「厄除けをしたい方」など、自分たちが来てほしい方をホームページにそのまま掲載してしまいます。

ターゲットとなりうる方が、ホームページを見てくれる機会があった時に、参拝に行く事によってどんなベネフィットが得られるのか、即座に理解できる事で、すぐに次のアクションに移りやすくなります。

情報2)その神社ならではの特徴や歴史を明記する

どんな神社なのかという事を、しっかり理解してもらう事も重要です。現代の人は、モノよりもコトに価値を感じる傾向があります。神社が存在しているという事実よりも、その歴史や背景などのストーリーに価値を感じやすいと言われています。

例えば、「本殿が歴史的建造物に指定されている」「こんな起源でこの神社は存在している」「このようなストーリーがあるから、こんなご利益がある」「なぜここに立っているのか」「ご祭神について」など、しっかりその神社のバックボーンがあるという事をしっかり記載します。

「神社」は日本中にたくさん存在していますが、同じ歴史や経緯を持っている神社は一つも無いはずです。神社の魅力を思う存分余す所なく伝えることが、神社の価値を高める事にも繋がるのです。

情報3)ご神事やご祭事などの情報を発信する

この神社に興味があるな、と感じた時にはすでにホームページにたどり着いていることが多いです。

その時点で、ご神事やご祭事などを調べることは、はじめて足を運ぶ神社では、絶対に必要です。どんなことができるのか、いつできるのかについて、定期的にしっかり発信していく事も重要です。

神社のホームページに掲載されていない情報については、検索結果に出てきたブログや、Twitter、InstagramなどのSNSを使って情報収集をする場合も多くあります。

個人が発信している内容は、信ぴょう性も低く、正しい情報でない場合も多いので、しっかりオフィシャルな情報としてホームページ掲載しておく事が重要です。

情報4) 神社がある場所や、アクセス方法、社務所の受付時間を明記する

初めて神社にいく際には、どのように行けばよいのか、何時まで参拝ができるのかなど、わかない事が多くあるかと思います。

駐車場があるのか、交通手段は何が良いのか、駅やバス停からどれくらい歩くのか、何時まで社務所は受付してくれるのか、その他注意事項など、出せる情報はなるべく多く出す事をお勧めします。

情報5)お守りや絵馬、お神札などの授与品について情報を掲載する

お守りや絵馬、おみくじなど、授与品についての情報も掲載しておく事をお勧めします。

SNSに上がっていた、◯◯というお守りを求めて神社に行ったけれど売り切れていた…などという事であれば、その方が再訪してくれる可能性は一気に下がってしまいます。

流動的な情報も、ホームページならいつでも掲載することができるので、しっかり掲載をして、顧客をつなぎとめる必用があります。

まとめ

現代では、GoogleやYahooなどの検索エンジンの普及により、曖昧なキーワードから神社の情報を探したり地図からの検索からその神社の情報にたどり着く事も増えてきたため、しっかり、ホームページに参拝者が欲している情報を掲載しましょう。

しっかり参拝者のターゲットを絞って、しっかりシチュエーションを想定しながら必用な情報を発信して、人が集まる神社をつくりましょう。

関連記事

この記事へのコメントはありません。